治療の流れ
尾道市 福山市 三原市 さいだ歯科医院の治療の流れがわかります。従来の歯医者さんとは少し違っているかも知れません。
» 治療の流れを見る
診療案内
お困りの症状が尾道市 さいだ歯科医院で解決できるかどうか分かります。尾道市さいだ歯科医院では歯科・小児歯科・予防歯科・インプラント・審美歯科・訪問歯科を行っています。
» 診療案内を見る
予防歯科
一生涯自分の歯で食べるために、皆様に合った最適な予防処置を提案してまいります。
» 予防歯科を見る
母子感染
お子様のむし歯になりやすい体質は、生後、主にお母様からお子様に感染していきます。お母様の予防が大切です。
» 母子感染を見る
インプラント
歯の抜けたところに人工の歯根を植え、あご骨としっかり固定し、天然歯と同様に食べれるようになります。
» インプラントを見る
審美歯科・オールセラミック
白く美しい歯は、その人の笑顔まで輝かせてくれます。歯の黄ばみ、変色でお悩みの方はこちらをご覧下さい。
» 審美歯科・オールセラミック
歯周治療
歯周病の治療は、歯を守るだでなく、全身の健康を保つ上で欠かせなくなっています。
» 歯周治療を見る
スポーツマウスガード
ラグビー・空手・ラクロス・アメフトなどのスポーツにおける歯の脱臼、歯折、顎骨骨折防止のためのアイテムです。
» スポーツマウスガードを見る

予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科、あまり聞いた事ないね。 虫歯予防という言葉聞いた事あるけど、その事と関係あるの? 歯医者さんには歯を治してもらいに行くところ、痛い歯を痛い思いを して治療する、歯医者さん嫌いが進みそうですね。 でも状態が悪くなる前にできる処置があります。

それが予防です。


「歯医者さんって、むし歯が出来たら治してもらうところじゃないの か?」
「私は痛いときしか歯医者さんに行かない。それで十分だ」
「かぶせてもらって、いっそう歯が強くなって満足」
「歯がぐらついて膿が出ていたので抜いてもらいたい」
「歯を抜かなくてはいけないのは年のせいだからしょうがない」
と思っている患者様もまだまだ多いのが現実です。

歯医者の仕事は本来「歯を守ること」が仕事です。


しかしわれわれ歯科医はずっと、患者様の要望に応えるために「歯を 削り」「歯を抜くこと」が仕事だと思っていました。
でもこれでは「死ぬまで自分の歯で噛む」ことは出来ません。


だからこれからは歯医者本来の仕事、

「歯を守ること」に力を注いで いく必要があります。


削って、つめて、はたして歯は治るのでしょうか?


1. できるだけ歯は削りたくない。

むし歯で穴が開いたら、なくなったところを補う必要があります。それ は、そうしないと噛めないからです。
そうしないとむし歯が進行して痛くなるからです。
でも、実は(正確に言えば)それは治しているのではありません。 しょうがないからです。つめたりかぶせたりしても歯は強くなりません。
かえって寿命が短くなります。 出来れば皆様の歯を削りたくないのです。


2. 「削らなければ生活出来ない歯医者」から 「削らなくても生活出来る歯医者へ」

歯を削って喜んでいる歯医者はいません。歯をあまり削らないように、 と常に考えていると思います。
 
しかし、日本人の歯はいまだに詰め物、かぶせ物だらけです。
なぜならば、保険診療のシステムでは病気になった時のみ、そのやまいを治すのに必要な費用を保険が代りに支払ってくれる。
病気にならなければ、あるいは病気にならないように努力したことに 対しては保険での費用負担がありません。


つまり


「歯を削る」行為にお金が支払われ、「歯を削らず予防する」行為には ほとんどお金が支払われないからです。


ご存知でしたか?


このことが「歯を守る」歯科医療が普及しない理由です。しかし、皆様 の歯を守るには、歯を削る診療を続けていてはいけないのです。
さいだ歯科医院は「歯を削らなくても経営できる歯科医院を」目指して います。


3. では、どうしたら削らなくてもすむのですか?

むし歯に関して言えば、大きくしないことです。
「でもむし歯が大きくならないと自分ではわからない」 そうです。
そのために定期的に歯科医院を受診することをオススメします。
「そうしたら、小さなむし歯が見つかって削られちゃうのでは?」
初期のむし歯は絶対に削りません。予防処置をするのです。削るのは最後の手段です。
「生まれて、歯が生えて、一度も歯槽膿漏にもむし歯にもならずに、死ぬまで自分の歯で噛む」ためには予防を考えるのがベストなのです。
 
「歯が悪くなってから治療する」のではなく「歯が悪くならないように管理する」
「痛くなって治療するのではなく、定期的に予防処置を行って、疾患を予防し、健康の維持・増進をする」これが本当の価値のあるスタイルです。


「実際の予防処置とは・・・」

お口の中の環境はみな違いますから、それぞれに最適な独自の予防
プログラムを立案し、必要な項目を組み合わせていきます。


唾液検査

●むし歯は感染症であるため、唾液の成分を調べることによりむし歯 のなりやすさ(カリエスリスク)の判定をします。

●3つの検査により目に見えない細菌の情報を得て、むし歯の治療と予防のための対策をたてます。


1.あなたの唾液の量は

●唾液には、細菌を洗い流す効果、抗菌効果があるため、唾液が多く出るほど有利に働きます。

●唾液が多いほど、溶けかけた歯を修復し歯質を強化する作用が働きます。


2.唾液の中和力はどのくらい・・・

●唾液には歯が溶けやすい環境を中和する効果があり、むし歯に対して大きな抵抗力となります。

●口腔内を中和する力(緩衝能力)の大小により、むし歯のなりやすい唾液か、なりにくい唾液かを判定します。


3.むし歯菌の活動性はどの程度・・・

チューイングペレットを噛みながら唾液を1ml.以上採取しテストチューブに入れ培養器で20分間培養してテストチューブの色によって、む し歯菌の活動性を測定します。

予防歯科とは?

歯垢(プラーク)・歯石除去

・歯垢(プラーク)や歯石は口腔内の細菌で形成され、
 むし歯や歯周病の直接の原因となるため、定期的な除去が欠かせません。

・歯垢の除去は毎日のブラッシングが基本となるため、1種類の歯ブラシだけでなく
 いくつかの清掃用具を用いた確実なブラッシングが習慣になるまで、
 ブラッシング指導を行っていきます。

・硬くなった歯石はスケーラーという専用の器具で除去します。

歯垢(プラーク)・歯石除去

根面デブライトメント(PMSC)

・歯周ポケットという歯肉溝のプラークは、エンドトキシンという毒素を放出し、
 歯周病の直接の原因となります。

・根面デブライトメントにより、歯ブラシでは除去困難な歯周ポケット内のプラークを、
 洗浄・除去して細菌の量を炎症が起こらない範囲に抑えていきます。
 歯周ポケットの中の清掃なのでPMSC(Professional Mechanical Sul cus Cleaning 
 プロフェッショナル・メカニカル・ザルカス・クリーニング)
 と呼ばれることもあります。

・振動が少なく歯に優しい、最新の根面デブライトメント用超音波スケーラーの採用で、
 歯面を傷つけることなく歯周ポケットの中で浮遊しているエンドトキシンを取り除く
 ことができます。

・定期的な根面デブライトメントとフッ素塗布の組み合わせは、
 むし歯と歯周病の予防にたいへん効果的です。

根面デブライトメント(PMSC)

エアーフロー

・歯の表面の紅茶やコーヒーなどによる色素沈着や、
 タバコによるいわゆるステインは、日常のブラッシングではなかなか落とせません。

・エアーフローは、歯に微細なパウダーをウォータースプレーとともに射出することで、
 ステインを歯の表面を傷つけることなく短時間で落とします。

・エアーフローとPMTCの併用で清掃した歯には、
 プラークやステインが付きにくくなります。

エアーフロー

PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

・バイオフィルムという言葉をご存知でしょうか?あまり聞き慣れない言葉ですが、
 私たちの身近にもバイオフィルムはあらゆるところに存在します。

・わかりやすい例が、排水口のヌルヌルです。あのヌルヌルは、
 常に一定の温度と湿度が保たれた環境を好む細菌が繁殖して作られたバイ菌の
 膜なのです。
 ヌルヌルは悪臭を放ち、ちょっとやそっとでは取り除くことはできません。

・実はそれと同じ状態があなたの口の中でも起こっているのです。
 ヒトの口の中には400種類以上の細菌が生息していると言われており
 その中の幾種類かの菌はお口の中の環境を好み、バイオフィルムを形成します。

・むし歯の原因菌であるミュータンス菌も、バイオフィルムという細菌膜を
 歯の表面に形成しており、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境を作っています。

・またタバコのヤニや茶しぶなどにより、歯の表面が変色してしまっている場合もあります。

・バイオフィルムや汚れによる着色は、歯科衛生士による専門的な技術と器具を用いた
 クリーニングにより、物理的に除去していきます。
 このような歯面清掃作業をPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。

・PMTCによる徹底した歯面清掃により、歯は白くきれいになり、
 同時にむし歯や歯周病の予防にたいへん効果的です。
 歯ブラシで除去することの出来ない歯の表面、
 歯間のバイオフィルムを細かいところまで機械的に研磨しで除去します。

PMTC  (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

シーラント

・臼歯の咬む面には深い溝がありますが、
 この部分は食べ物がつまりやすい上にブラッシングがしにくく、
 むし歯になりやすい場所です。

・むし歯になる前に、歯の溝の深い部分に
 プラスチック等の樹脂を流しむ処置を、シーラントといいます。


これにより溝の中に食べ物が残らず、ブラッシングもしやすくなるので、
むし歯予防にたいへん有効です。

シーラント

フッ素塗布

・むし歯予防の最も効果的な方法として、フッ素塗布があります。

・歯の表面に直接作用させ、フッ素で歯の表面をコーティングします。

・フッ素には、酸を作る細菌の力を抑え、歯の表面を溶けにくくしたり、
 再石灰化を助けるなどの効果があるため、
 ごく初期のむし歯(ホワイトスポット)は回復させることができます。

・萌出直後の虫歯のない歯に実施するのが一番効果的ですが、
 継続して実施することにより、エナメル質表層のフッ素量を増加させ、
 歯質を強化します。

・大切な歯を少しでも削らなくていいように、3〜4ヶ月に一度はフッ素塗布を
 オススメします。

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)

・むし歯菌の主な原因菌であるミュータンス菌を、お口の中から除菌して、
 むし歯の発生率を下げる、これからのむし歯予防治療です。

・ミュータンス菌は、バイオフィルムという粘着質な細菌膜を形成して
 歯の表面に増殖するため、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境を作っています。

・PMTCを行って完全にバイオフィルムを除去した後に、
 歯並びに合わせて作成したトレー(ドラッグリテーナー)に抗菌剤やフッ化物を入れて
 口の中に装着することで、唾液に希釈されることなく、
 安全かつ確実に薬剤を歯牙硬組織のみに塗布します。

・歯の表面に付いたミュータンス菌だけに抗菌剤を作用させることで、
 口腔内の常在菌のバランスを崩すことなく、
 むし歯原因菌だけを選択的に減少させることができます。

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)

定期検診 予防システム

・予防処置は定期的に、継続して行うことが大事です。
・あなたのご希望も取り入れて、無理のない間隔で予約をおとりしていきます。
・歯科医師が、あなたの口腔内の状態に最適なオリジナルの予防処置プログラムを
 立案し、治療後の定期的なチェックとオーラルケアを行っていきます。
・予防処置はトレーニングされた歯科衛生士により、継続的に行っていきます。


歯石の除去やPMTCなどのメンテナンスのため、
1〜3ヶ月に一度の来院が有効です。
どうか自分の歯をかわいがってください。


 

トップページへ戻る