月別アーカイブ
2020年06月(1)
2020年05月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(2)
2020年02月(7)
2020年01月(2)
2019年12月(2)
2019年11月(6)
2019年10月(3)
2019年09月(3)
2019年08月(7)
2019年07月(2)
2019年06月(3)
2019年05月(3)
2019年04月(4)
2019年03月(2)
2019年02月(3)
2019年01月(6)
2018年12月(2)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(2)
2018年08月(2)
2018年07月(2)
2018年06月(2)
2018年05月(2)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(4)
2017年07月(4)
2017年06月(5)
2017年05月(3)
2017年04月(2)
2017年03月(4)
2017年02月(3)
2017年01月(6)
2016年12月(3)
2016年11月(2)
2016年10月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(11)
2016年07月(1)
2016年06月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(2)
2016年03月(2)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(5)
2015年09月(2)
2015年08月(5)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(3)
2015年04月(2)
2015年03月(4)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年07月(4)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(3)
2014年01月(3)
2013年12月(5)
2013年11月(4)
2013年10月(5)
2013年09月(3)
2013年08月(7)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(10)
2012年12月(3)
2012年11月(5)
2012年10月(4)
2012年09月(4)
2012年08月(7)
2012年07月(6)
2012年06月(4)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(4)
2012年02月(3)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(7)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(8)
2011年07月(3)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(5)
最近の記事
12/20 風邪引き顛末記
12/02 ACPについて
外部グログ

院長のブログ

風邪引き顛末記

 例年のことだが冬の初めによく風邪を引く。それも結構こじらせて長引く。私が風邪を引いて咳き込むとすごいことになる。腹の底から絞り出すような咳である、そのせいか肺のレントゲンを撮ってもらうと何カ所か白くなっていて肺気腫があることを示している。学習すれば良いのだがついつい市販の風邪薬に頼ってしまう。
 8日に大学同窓会の忘年会で飲んで帰り、部屋のエアコンを付けたまま朝まで寝込んだ、朝起きて少し喉が痛いことに気付くがたいしたことは無いと思い家ですごした。10日朝から少し熱気があったが、仕事優先で出勤。もちろん背中と腰には張るカイロを付けて漢方薬の葛根湯を飲んで出かけた。帰宅してもすっきりしないので、家内に小児用の液体の風邪薬を買ってきて貰う。その液体ののも薬には3〜5歳児、一回に5mlと書かれている。今迄、私は1回に付き1本を飲む。3本飲んだところかなり改善が見られたが咳が止まらない。12日はさいだ歯科医院の忘年会が有りここで少しお酒を飲んだ。21時半には家に帰り直ぐ床に入るが風邪がまたぶり返す。13日は休診日だったので一日中床について体力回復を図るがあまり芳しくない。
  IMG_1740.jpg-1.jpg
 14日出勤するも微熱が有り昼から早退。今迄早退したことはほとんど無いが、息子が「帰ったら」と言うのでお言葉に甘えて帰り床に伏せるが咳が止まらない。夜寝る頃になると咳がものすごく続きあばら骨が痛い。15日は出勤して通常通り勤務。少し良くなってきた感あり。ただ咳のため睡眠不足である。睡眠導入剤も服用する。16日、日曜日は1日中家から出ないでひたすら寝ていた。
 17日になると発熱は無くなり、日中の咳もかなり減少、ただし夜は相変わらず、咳の時は横隔膜が振動するようになり、咳のためがばっと目が覚める、普通に寝ていると痰が上がってきたり鼻汁が喉の奥にたれる後鼻漏があったりする。それでベットをギャジアップしてベットに寄りかかるようにして寝る。
 18日も同じ様であるが横隔膜をいつも振るわせているのか、トイレで大便をするときに痛くて力むことが出来ない。腹圧がかからなので便秘状態。初めての経験である。ついに市販薬に頼るのをやめて近くのT医院を受診。痛み止め、去痰剤、咳止め、うがい薬、抗生剤、胃薬、睡眠導入剤等を処方してもらう。
  IMG_1748.jpg-1.jpg
 本日20日は休診日で家に居る。咳は時折出ている、発熱はない。これからは市販薬に頼らず、早めに医者にかかろう。よい教訓であった。
なおこの風邪はインフルエンザでは無いようである。最もインフルエンザの予防接種は11月の終わりに終えている。
段々年齢を重ねてきたせいか、身体の予備力が無くなってきたことを痛感する。
今年もあと1週間ほどで仕事納めである。明日からはいつも通りと行きたいものである。

2018年12月20日

ACPについて

 一昨日、11月30日に北部圏域ネットワーク(医療・介護)連携会議が有り出席した。尾道市には7つの地域医療包括センターがある。さいだ歯科医院は尾道市の北に有り北部地域包括支援センターの管轄内にある。昨年からネットワーク会議が開催されるようになり、関係者の顔の見える関係づくりと医療と介護の連携強化の体制造りが行われるようになった。
  IMG_1704.jpg-1.jpg   IMG_1707.jpg-1.jpg
 当日は尾道市高齢者福祉課から在宅医療・介護連携の現状について報告があった。北部圏域の高齢化率は29年4月1日で34.7%とかなり高い、尾道市のキャッチフレーズは「高齢」を「幸齢」と言い換え「幸齢社会おのみち・・・住みなれた地域で元気でいきいきと暮らすために」と説明された。「幸齢」とは面白い発想だと思った。その後、地域内の医療系の4事業者のプレゼンテーションが有り、どの事業者もよりよいサービス提供について努力をされているのがひしひしと伝わってきた。その後メインテーマである「人生の最終段階ACPについて」と題して公立みつぎ総合病院院長 沖田先生から説明があった。
    IMG_20181202_0001.jpg-1.jpg   IMG_1719.jpg-1.jpg
 ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とは初めて聞く言葉で、チラシを一枚いただいていたが、そこには「人生の終わりまであなたはどのようにすごしたいですか?もしものときのために自らが望む、人生の最終段階の医療・ケアについて話し合ってみませんか」とある。
沖田先生のスライドの中「どう生き、どう逝くのか?」というフレーズがあったが正にその通りで有り、自分の人生の最後を人に決めてもらうのでなく自分の意思で決定する事、そのためには家族・医療関係者・介護関係者・地域の人達がかかわって本人のリビング・ウイル(事前の意思表示)を聞き取り、最後まで人間らしく生きていけるようにすることである。しかし一度決めておいても、心身の状態に応じて意思が変化するので何度も繰り返し考え話し合いが大事だという。
  IMG_1724.jpg-1.jpg   IMG_1725.jpg-1.jpg
 講演の後、グループに分かれて意見交換をした。私は歯科医で、看取りに立ち会う事は皆無に等しいが、それまでの間に出来ることと言えば、できるだけ最後まで口から食べられ、誤嚥性肺炎などの予防をサポートする事ぐらいしか思いつかない。
  IMG_1727.jpg-1.jpg   IMG_20181202_0002.jpg-1.jpg
 団塊世代のトップを走っている自分としてはとても興味ある会合で会った。
ところで、翌12月1日の日本経済新聞の記事に「終末期の治療方針・・・人生会議」で話し合って」という記事があり厚労省が30日にACPを「人生会議」という愛称で呼ぶことを決めたとあった。昨日の会議は正に時期を得たものというか、あまりにもぴったりで驚く。ACPでは良く判らないが「人生会議」だとそのニュアンスがよく伝わってくる。終活の最終段階だと考えれば良いと思った。

2018年12月02日

HOME院長ブログ治療の流れ院内案内診療案内予防歯科3DS母子感染ホワイトニングインプラントスポーツマウスガード
患者様の声料金表院内販売グッズ スタッフ紹介スタッフ募集アクセス院長紹介お問い合わせ治療写真集取り組み