月別アーカイブ
2020年06月(1)
2020年05月(2)
2020年04月(1)
2020年03月(2)
2020年02月(7)
2020年01月(2)
2019年12月(2)
2019年11月(6)
2019年10月(3)
2019年09月(3)
2019年08月(7)
2019年07月(2)
2019年06月(3)
2019年05月(3)
2019年04月(4)
2019年03月(2)
2019年02月(3)
2019年01月(6)
2018年12月(2)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(2)
2018年08月(2)
2018年07月(2)
2018年06月(2)
2018年05月(2)
2018年04月(4)
2018年03月(4)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(3)
2017年08月(4)
2017年07月(4)
2017年06月(5)
2017年05月(3)
2017年04月(2)
2017年03月(4)
2017年02月(3)
2017年01月(6)
2016年12月(3)
2016年11月(2)
2016年10月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(11)
2016年07月(1)
2016年06月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(2)
2016年03月(2)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年11月(4)
2015年10月(5)
2015年09月(2)
2015年08月(5)
2015年07月(2)
2015年06月(5)
2015年05月(3)
2015年04月(2)
2015年03月(4)
2015年02月(1)
2015年01月(3)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(4)
2014年09月(5)
2014年08月(3)
2014年07月(4)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(3)
2014年01月(3)
2013年12月(5)
2013年11月(4)
2013年10月(5)
2013年09月(3)
2013年08月(7)
2013年07月(4)
2013年06月(4)
2013年05月(4)
2013年04月(4)
2013年03月(5)
2013年02月(4)
2013年01月(10)
2012年12月(3)
2012年11月(5)
2012年10月(4)
2012年09月(4)
2012年08月(7)
2012年07月(6)
2012年06月(4)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(4)
2012年02月(3)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(7)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(8)
2011年07月(3)
2011年06月(4)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(4)
2011年02月(5)
最近の記事
02/17 由紀さおり文化講演会に参加して
02/14 堺屋太一氏の悲報に接して
02/03 脅迫・詐欺メール
外部グログ

院長のブログ

由紀さおり文化講演会に参加して

 先日、しまなみ信金経営者協議会主催の文化講演会に三原市芸術文化センターポポロに出かけた。今回は歌手で女優の由紀さおり氏が「美しい日本語の歌を伝えたい」と題して講演された。1000人ほどの聴衆が来ており会場はほぼ満席であった。私は文化講演会とか言うものにほとんど参加したことがない。講演会と言えばおおかた歯科関係のものばかりである。
 彼女の話はとても面白く引き込まれていった。最初は彼女のデビュー曲「夜明けのスキャット」にまつわる話であったが、日本の歌は明治時代にまず西洋の曲に日本語の歌詞を付けるところから始まったこと、その後、学校教育のために唱歌が作られていったことなど歌の歴史を知った。
      IMG_20190206_0001.jpg-1.jpg
 講演が進につれてアカペラで歌ってくれたりした。例えば滝廉太郎の「花」の場合は「春のうららの墨田川・・・」の川(がわ)は濁音でなく鼻濁音で歌うと音が柔らかくなるのだと話しながら濁音の場合と鼻濁音の場合を比較して歌われた。確かにその通りだと知った。
      IMG_2432.jpg-1.jpg
 また「あめ あめ ふれふれ かあさんが じゃのめで お迎え 嬉しいな ピッチピッチ チャップチャップ ラン ラン ラン」の歌詞で有名な北原白秋の「あめふり」の場合、私は1番程度しか歌ったことはないが、
3番は「あら あら あのこは ずぶぬれだ やなぎの ねかたで 泣いている・・・・」
4番「かあさん ぼくのを 貸しましょうか きみ きみ この傘 さし給え・・・・」
5番「ぼくなら いいんだ かあさんの 大きな じゃのめに 入ってく ピッチピッチ チャップチャップ ラン ラン ラン」
歌詞の3番、4番、5番には日本人の優しさが込められている特に4番と5番の間には傘を持っている男の子とびしょ濡れになっている子の間にどのような会話があったのだろうか、想像して見て下さいと言うお話もあった。
彼女が歌うのを聴きながら、そういえば小学生の時何度か母親が傘を持ってきてくれたことを思い出した。もちろん蛇の目ではなかったが。
      IMG_2432.jpg-1.jpg
 西条八十の「カナリヤ」も日本人の優しさ、いたわる心がにじみ出していると話された。しかし彼女の歌を聴きながらこの歌詞のある意味怖さを感じた。
1、歌を忘れたカナリヤは 後ろの山に捨てましょうか。
  いえいえ、それはかわいそう
2、歌を忘れたカナリヤは 背戸の小籔に埋めましょうか
  いえいえ、それはなりませぬ
3、歌を忘れたカナリヤは 柳の鞭でぶちましょうか
  いえいえ それはかわいそう
4、歌を忘れたカナリヤは 象牙の船に銀のかい
月夜の海に浮かべれば、忘れた歌を思い出す
1番は「後ろの山に捨てる」、2番は「背戸の小籔に埋める」、3番は「柳の鞭でぶつ」。
これって虐めそのものでは無いのか? 千葉県野田市で両親に虐められて亡くなった小学生4年生のことが頭をよぎった。両親に「かわいそう」とか、「なりませぬ」とかいう気持ちがあれば事件は起こらなかったのでは無いだろうか?
 サトウハチロー作詞の「小さい秋みつけた」を彼女が歌った後、会場のみんなに「この歌を聴いてあなたはどんな秋を見つけられますか」という問が投げかけられた。色々考えているときにふと古今和歌集の「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」と言う歌が思い出され、何時でも自分の周りには色々の事象があるのに、忙しさにかまけて見過ごしている自分に気付かされた。
 それにしても童謡とか唱歌の旋律の美しさに改めて驚くと共に、また歌詞が本当に素晴らしい日本語で、優しく情操豊かで心の中に染み渡る感じがする。
今の子供たちがどの程度童謡や唱歌を歌っているのか知らないが是非とも歌って欲しいと思った。
 70歳になっている彼女が1時間半ハイヒールで立ちっぱなしで講演する姿にも感動した。
最後に全員で故郷(うさぎ追いしかの山・・・)を歌って散会となった。
本当に良い時間を持ててよかった。

2019年02月17日

堺屋太一氏の悲報に接して

 去る2月8日堺屋太一氏が亡くなられたと10日にTVでテロップが流れ、一瞬びっくりした。その後各局のニュース番組で取り上げられ彼の功績が報道されていた。
私にとって彼は特別の人である。私が現在歯科医をしているのもある意味彼のお陰である。
 新聞記事は日本経済新聞2月12日付け朝刊より
        IMG_20190213_0002.jpg
 確か昭和53年1月3日の日本経済新聞の記事かコラム欄に書かれた記事の内容を今でもはっきり覚えている。その記事には当時私が勤務していた日立製作所を引き合いにして書かれていた。会社は大学卒を毎年1300名程度採用していたが、いわゆる堺屋太一氏が名付ける「団塊の世代」が入社するようになって急に大学卒が増えたので将来、課長とか部長と言ったポストがなくなると言うことが書かれていた。私は団塊世代の一番先頭で有り入社7年目であった。まさに私のことを言っているのだと思った。
「そうか将来課長にもなれないのか」とがっくりきたことを覚えている。その後、連日の会議や何やらで、ひどい風邪を引いた。3日間有給休暇を取ったが「休みます」という連絡を家内から上司にしてもらった。「1日目はああそうですかお大事に」だったが、3日目は「えっ、まだやすむの?」と言ったニュアンスで返答されたとのことで有った。
 今でこそ長時間労働・残業手当なしの企業をブラック企業と呼ぶが、当時工場で働く現場の工員は直接部門で大学卒等は間接部門に区別され、間接部門の人については1ヶ月の残業時間が決められており一人10時間程度であった。その為、与えられた残業時間を消費してしまうと後はいわゆるサービス残業である。しかし当時それは当たり前と思っていたし、その分ボーナスなどに反映されるのだと思っていた。
 しかし此の風邪を引いて休んでいる間に「このままで良いのか」自問自答を繰り返した。
昭和54年から大学入試がセンター試験になると報道されていた。会社を辞めて1年間びっちり勉強して医学部を受けようと思ったが、知り合いの歯科医の先生が私がすでに30歳を越えており、よしんば合格して6年間勉強しても卒後研修医をしていたら開業も遅くなる。歯科医師の方が良いといわれた。
それで歯科医を目指すこととして出身大学の広島大学歯学部に学士入学の制度があるかどうか尋ねたがそのようなものはなく1年生から学ぶようにと言われた。今ならどこの大学にもある制度で、第3学年に編入できるのだが当時はなく、センター試験を受ける覚悟で辞表を提出、2月の終わりだった。たまたま東日本学園大学(現北海道医療大学)が歯学部を設立し今まさに生徒募集をしていると歯科医師の先生から連絡を受け、私立でも受かって免許を取れば同じだし、来年合格できるかどうか分からない。君の年齢を考えればチャンスが多い方が良いとアドバイスしていただき受験。無事合格できて今の私がある。
 ほんとにあの記事出会えなかったら私の人生は全く違ったものになっていただろう。堺屋太一様々である。有り難うございました。
ご冥福をお祈りいたします。

2019年02月14日

脅迫・詐欺メール

 昨年12月に英文で書かれたメールが届く。最初にこれはあなたのパスワードの一つであると書いてあった。確かに何かに使ったことのあるパスワードであるが何のパスワードだったか全く覚えていない。ずいぶん昔に使用したパスワードである。
 近頃何をするにしてもパスワードが必要で有り、しかもパスワードの使い回しは良くないと聞いているので最近はメモを取るようにしているが今回のパスワードについては使用したことは有るが何のパスワードであったか記憶が定かで無い。それでびっくりして英文を読む。
   IMG_20190203.jpg
 内容をかいつまんで書くと、私はあなたを調べる様に強要されたわけではない。あなたは私を知らないし、何故あなたがこの様なメールを受け取ったのか大いに不思議に思っているでしょう。
私はポルノ動画サイトにマルウエアー(ウイルス)を仕込んだ。あなたがその動画サイトに入ってビデオを楽しんだことを知っている。こちらはあなたが動画を楽しんでいる間にキーロガー機能によりあなたのデイスプレーとウェブカメラ、メッセンジャー、フェイスブック、電子メールのアカウント情報を収集した。私はあなたが観ていた動画とあなたが動画を楽しんでいる様子を記録し、それを組み合わせた動画を作成した。
そこであなたには2つの選択肢がある。
一つはこのメールを全く無視すること。その場合は、私が作成した動画をフェイスブック、メッセンジャー、メール友達等に全て送信し公開する。
もう一つのオプションは米ドルで899ドルを私に支払う事。その際ビットコインで振り込む事。ビットコインが分からなければGoogleでビットコインの入手方法を探しなさい。
BTC(ビットコイン)送金先 ****************
 あなたが警察に通報してもこのメールから私にたどり着くことは出来ない。私はこのメールに特殊な仕掛けをしており、あなたがこのメールを読んだことを知っている。48時間以内に実行しないと動画をあなたの関係する連絡先全てに送信する。お金を受け取れば動画を消去すると書いてあった。

 勿論私はアダルトサイトなどに行ったことはなく身に覚えがないので無視した。
十日ほど経って第2弾が送信されてきた。若干読みやすくなった英文であったが、文面はほぼ同じで金額の要求が米ドルで998ドルになっていた。勿論ビットコインである。それも無視していたら1月になってまたほぼ同じ内容の3弾目が送られてきた。今度は米ドルで7000ドルを要求してきた。
   IMG_20190204.jpg-1.jpg   IMG_20190205.jpg-1.jpg
 私もこのパスワードが何だったか色々調べてやっとたどり着いた。何とGoogleのパスワードであった。すぐさまパスワードの変更を行う。
そういえば何年か前にGoogleのアカウントが大量に流出したといったニュースがあった。どうやらその時、私のアカウントも流出したのであろう。それを多分外国人と思われる人達が悪用してメッセージを送り届けて来たのであろう。
その後は何もメールが来ない。ポルノサイトを閲覧していたら真っ青になり詐欺に引っかかったかも知れない。メールやネットは怖いな。

2019年02月03日

HOME院長ブログ治療の流れ院内案内診療案内予防歯科3DS母子感染ホワイトニングインプラントスポーツマウスガード
患者様の声料金表院内販売グッズ スタッフ紹介スタッフ募集アクセス院長紹介お問い合わせ治療写真集取り組み